ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはま2009 OCTOBER Vol.15

横浜熱闘倶楽部 木村監督の大志「サッカーを通じた自立のお手伝い」横浜F・マリノス ふれあいサッカースクール“フトゥーロ”

取材協力●横浜F・マリノス/障害者スポーツ文化センター横浜ラポール

横浜F・マリノス 木村 浩吉監督
横浜F・マリノス 木村 浩吉監督

 「誰もがサッカーに親しめる環境づくり」をコンセプトとした横浜F・マリノスの「ふれあいサッカープロジェクト」。 その1つに、障害者を対象にサッカーを通じて自主性や向上心を養い、“フトゥーロ(未来)”につながる選手を育てるための活動─横浜F・マリノス フトゥーロ─があります。
 この立ち上げに大きく関わり、監督となった今なおその発展に力を注ぐ、横浜F・マリノス監督の木村浩吉氏に、このフトゥーロについて熱く語っていただきました。

■フトゥーロを立ち上げたきっかけはなんですか?

 2002 FIFA W杯日韓大会開催が決まり、横浜F・マリノスも横浜のサッカーを側面から盛り上げようと考え、様々な案を出しました。その1つに「障害のある方々はサッカーに親しんでいるのだろうか?」とのテーマがあり、横浜市港北区にある「横浜ラポール」に出向き、利用者のサッカーの練習を見させてもらったのです。
 その時は正直、サッカーの基礎がまったく備わっていないことに驚いたものです。
 しかし、みんなが一生懸命ボールを追っている姿を見て「これだ!」と思い、すぐに横浜ラポールと協力して、障害者向けのサッカースクール「フトゥーロ」を立ち上げたのです。

■いろいろと困難な問題があったと思いますが…

 当初、W杯の年までのお手伝いという感じで、月1回程度の練習会の指導を行っていたのですが、次第に「このままでいいのか?」と疑問を持つようになりました。
 そうした中、参加者自身や保護者の方々、横浜ラポールのスタッフから、そろって「参加者はみんな社会での自立を目指している!」というお話を聞き、「チームを作って自立のシンボルとしよう!」ということになり、Jリーグではじめての「障害者サッカーチーム」が発足したのです!

■今後どのような進展を目指していますか?

 20数名のメンバーでスタートしたフトゥーロも、今や50名近くとなり、大きく発展しました。
 もっと上手くなって、プロになって活躍したいと思う選手がいてこそ当然です!
 まずは「選手自らが夢や希望を持つこと!」ですが、指導者としても選手の大志をフォローしていくことが求められていると思います。
 今後も日本のサッカーの発展と併せて、サッカーを通じて障害者の自立支援を進めていきたいと強く思っています。
 皆さん、フトゥーロを応援してください!

勇ましい選手たち01 勇ましい選手たち02
勇ましい選手たち

勇ましい選手たち01
試合では日ごろの練習の成果を発揮

スポーツの秋! みんなで応援に行こう!! 3チームホームゲーム情報

横浜F・マリノス横浜F・マリノス 10月17日(土) VS 名古屋グランパスエイト 19:00 キックオフ in日産スタジアム 11月 8日(日) VS 大分トリニータ 18:30 キックオフ in日産スタジアム 11月29日(日) VS 清水エスパルス 13:00 キックオフ in日産スタジアム 横浜ベイスターズ横浜ベイスターズ 10月 3日(土) VS 中日ドラゴンズ 14:00〜 in横浜スタジアム 10月 4日(日) VS 広島東洋カープ 14:00〜 in横浜スタジアム 10月 5日(月) VS 広島東洋カープ 18:00〜 in横浜スタジアム 横浜FC横浜FC 10月 4日(日) VS ザスパ草津 16:00 キックオフ inニッパツ三ツ沢球場 10月18日(日) VS ファジアーノ岡山 13:00 キックフ in西が丘サッカー場 10月25日(日) VS セレッソ大阪 15:00 キックオフ in国立競技場

詳しくは、各チームの熱闘倶楽部HPをご覧ください。

Present For You

木村浩吉監督のサインを3名様にプレゼントします!
ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、「SPORTSよこはま」へのご意見・ご感想を記入して下記の宛先へお送りください。(平成21年11月25日必着)
〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル1階
横浜市スポーツ情報センター「木村浩吉監督サイン」係まで

※個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

横浜熱闘倶楽部 木村監督の大志「サッカーを通じた自立のお手伝い」横浜F・マリノス ふれあいサッカースクール“フトゥーロ”

取材協力●横浜F・マリノス/障害者スポーツ文化センター横浜ラポール

横浜F・マリノス 木村 浩吉監督
横浜F・マリノス 木村 浩吉監督

 「誰もがサッカーに親しめる環境づくり」をコンセプトとした横浜F・マリノスの「ふれあいサッカープロジェクト」。 その1つに、障害者を対象にサッカーを通じて自主性や向上心を養い、“フトゥーロ(未来)”につながる選手を育てるための活動─横浜F・マリノス フトゥーロ─があります。
 この立ち上げに大きく関わり、監督となった今なおその発展に力を注ぐ、横浜F・マリノス監督の木村浩吉氏に、このフトゥーロについて熱く語っていただきました。

■フトゥーロを立ち上げたきっかけはなんですか?

 2002 FIFA W杯日韓大会開催が決まり、横浜F・マリノスも横浜のサッカーを側面から盛り上げようと考え、様々な案を出しました。その1つに「障害のある方々はサッカーに親しんでいるのだろうか?」とのテーマがあり、横浜市港北区にある「横浜ラポール」に出向き、利用者のサッカーの練習を見させてもらったのです。
 その時は正直、サッカーの基礎がまったく備わっていないことに驚いたものです。
 しかし、みんなが一生懸命ボールを追っている姿を見て「これだ!」と思い、すぐに横浜ラポールと協力して、障害者向けのサッカースクール「フトゥーロ」を立ち上げたのです。

■いろいろと困難な問題があったと思いますが…

 当初、W杯の年までのお手伝いという感じで、月1回程度の練習会の指導を行っていたのですが、次第に「このままでいいのか?」と疑問を持つようになりました。
 そうした中、参加者自身や保護者の方々、横浜ラポールのスタッフから、そろって「参加者はみんな社会での自立を目指している!」というお話を聞き、「チームを作って自立のシンボルとしよう!」ということになり、Jリーグではじめての「障害者サッカーチーム」が発足したのです!

■今後どのような進展を目指していますか?

 20数名のメンバーでスタートしたフトゥーロも、今や50名近くとなり、大きく発展しました。
 もっと上手くなって、プロになって活躍したいと思う選手がいてこそ当然です!
 まずは「選手自らが夢や希望を持つこと!」ですが、指導者としても選手の大志をフォローしていくことが求められていると思います。
 今後も日本のサッカーの発展と併せて、サッカーを通じて障害者の自立支援を進めていきたいと強く思っています。
 皆さん、フトゥーロを応援してください!

勇ましい選手たち01 勇ましい選手たち02
勇ましい選手たち

勇ましい選手たち01
試合では日ごろの練習の成果を発揮

スポーツの秋! みんなで応援に行こう!! 3チームホームゲーム情報

横浜F・マリノス横浜F・マリノス 10月17日(土) VS 名古屋グランパスエイト 19:00 キックオフ in日産スタジアム 11月 8日(日) VS 大分トリニータ 18:30 キックオフ in日産スタジアム 11月29日(日) VS 清水エスパルス 13:00 キックオフ in日産スタジアム 横浜ベイスターズ横浜ベイスターズ 10月 3日(土) VS 中日ドラゴンズ 14:00〜 in横浜スタジアム 10月 4日(日) VS 広島東洋カープ 14:00〜 in横浜スタジアム 10月 5日(月) VS 広島東洋カープ 18:00〜 in横浜スタジアム 横浜FC横浜FC 10月 4日(日) VS ザスパ草津 16:00 キックオフ inニッパツ三ツ沢球場 10月18日(日) VS ファジアーノ岡山 13:00 キックフ in西が丘サッカー場 10月25日(日) VS セレッソ大阪 15:00 キックオフ in国立競技場

詳しくは、各チームの熱闘倶楽部HPをご覧ください。

Present For You

木村浩吉監督のサインを3名様にプレゼントします!
ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、「SPORTSよこはま」へのご意見・ご感想を記入して下記の宛先へお送りください。(平成21年11月25日必着)
〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル1階
横浜市スポーツ情報センター「木村浩吉監督サイン」係まで

※個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

                           
 
t