ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「横浜ビー・コルセアーズ」と一緒に給水体験!

by :スポーツ情報センター・吉山博之

「大地震で水道が断水したとき、あなたならどうしますか」
…パニックに陥ってしまいそうな状況ですが、横浜市内には、小・中学校や公園など134か所の地下に、災害用の給水タンクが設置してあります。

平成24年1月19日、多くの方に地下の給水タンクを知ってもらうために、横浜公園で給水デモンストレーションが行われました。
横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加
【写真左・デモンストレーション開会式の様子 / 写真右・牧野孝一中区長(左端)の挨拶】

今回の訓練は、東日本大震災を受けて、横浜市水道局が開催し、関内地区周辺のオフィスビルに勤める方や地域の方など、60人以上の方々が参加。
横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 

そして、このイベントに一役買おうと、今シーズンよりbjリーグに加盟した横浜初のプロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」廣田和生球団代表、小川直樹ゼネラルマネージャーに加え、横浜市出身の山田謙治選手、堀田剛司選手が参加しました。
横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加

山田謙治選手、堀田剛司選手は、手動のポンプを使って地下のタンクから水をくみ上げるデモンストレーションなどを率先して行っていました。
 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加
【写真左・最初に山田謙治選手がデモンストレーション / 写真右・続いて堀田剛司選手の番です】

 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加
【廣田和生代表も挑戦です】

参加者の方々も、ポンプの使い方の手順を確認したり、くみ上げられた水を防災用の特殊なリュックに水を入れたりしていました。
横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加

横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加

横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加

横浜公園の地下には、60立方メートルの災害用の給水タンクが設置されています。
これは、地震などで水道が断水した時に、およそ6,000人分(1日3リットル×3日分/1人分=9リットル)の水を確保している計算になります。
※横浜市水道局では、市民の皆様に「ひとり1日3リットル、3日分で9リットル」を目安に飲料水の備蓄をお願いしています※

最後に、山田謙治選手が「今回のデモンストレーションを通じて、給水タンクの使い方を知ることができました。自分でも、万が一のときのための準備をしておこうと思います」とコメントして、イベントは終了しました。
横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加 
【今回のイベント総括をする山田謙治選手】

横浜ビー・コルセアーズ・水道局イベントに参加
横浜市水道局の事業PRに一役買った横浜ビー・コルセアーズ
写真左から
・堀田剛司選手
・小川直樹ゼネラルマネージャー
・廣田和生球団代表
・山田謙治選手

水道局では、今後も3月までの間に災害対策強化企画を順次実施していくとのことです。皆さんも、万が一のときに備えて、最寄りの給水タンクがどこにあるか、確認しておくといいでしょう。
(横浜市水道局ホームページURL)
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/

なお、今回のイベントに参加した横浜ビー・コルセアーズの情報です。
山田謙治選手

bjリーグのオールスターゲームも1月15日に終了し、今週末からリーグ戦が再開します。
横浜ビー・コルセアーズ、1月21日(土)・22日(日)は、アウェイで好調・新潟アルビレックスBBと対戦。
そして、1月28日(土)・1月29日(日)は、ホーム・横浜国際プールに、現在イースタンリーグ首位・秋田ノーザンハピネッツを迎えての二連戦となります。
首位チームと対戦する横浜国際プールでのホームゲーム、一人でも多くの横浜市民の応援で、横浜ビー・コルセアーズに力を送りましょう。

 
 
                           
 
t