ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

いつも遊びのように楽しい感覚で…「金メダリスト米田さんの体操教室」

by :横浜市スポーツ医科学センター

  平成23年10月23日(日)横浜元気!!スポーツ・レクリエーションフェスティバル2011の一環でアテネオリンピック体操金メダリストの米田功さんと体操を楽しむイベントが横浜市スポーツ医科学センター 大アリーナで開かれました。

 教室の前半は、一般から募集をした小学1年生から3年生の50名のお友だちが参加してくれました。最初は少し緊張していた参加者も、米田さんのテンポの良い指導であっという間に体操ワールドへ・・・「動きづくりの運動からマット、跳び箱」と次々に変わるプログラムを楽しくこなしていました。米田さんも7歳から体操をはじめて、金メダルを取ったそうです。今日、参加してくれたお友だちの中からもメダリストが出るかもしれません! さて、後半は、スポーツ医科学センター体操教室の「選手コース」60名のメンバーが指導を受けました。スポーツ医科学センターでは、3歳からはじめられる体操教室を開催しており、選手コースのメンバーは、YSMC体操クラブとして市内外の体操大会に出場し、上位を目指して毎日汗を流しています。今日は、憧れの米田さんの指導が受けられます。「体幹を意識してバランスをとることの重要性」や「技を美しく見せるためのポイント」など、選手として意識する大切なことを皆で練習をしました。


 跳馬の練習では、ロイター板の前に目隠しをして跳躍をし、板を踏むタイミングや方向などの指導を受けました。米田さんは一人ひとりに質問をぶつけていきます。動きを身につけるためには、次にどこを変えようなど常に「考える」ことが大切であることを教えてくれました。 米田さんへの質問コーナーでは、「普段の生活について」から「怪我をして復帰する時のアドバイス」まで、選手のみんなが気になる質問が次々に出ていました。


 最後に米田さんからのメッセージです。 「選手として体操をしていると練習がつらい時もあります。その時は、体操をはじめたころの楽しかった感覚、技ができた時のうれしい感覚を思い出してください。遊びのように楽しい感覚を持ち続けることが大切です。そうすると最後に良いことが待っています」
 スポーツ医科学センターでは、スポーツ教室体操コース【(1)3歳〜6歳(幼児)(2)6歳〜12歳(小学生)(3)選手(小学生以上】の各コースを、専門スタッフの指導で開催しています。一緒に体操を楽しみませんか? 
詳しくは、WEBをご覧ください。http://www.yspc.or.jp/ysmc/facilities/school.htm

 
 
                           
 
t