ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「夢で逢えたら」 〜横浜FC学校訪問授業 三浦知良選手編〜

by :guti

 サッカーJリーグ横浜FCでは小学校を訪問し児童とのふれあいを通して夢を持つことの大切さを伝える訪問授業「夢で逢えたら」を行っています。この「夢で逢えたら」は三浦知良選手がヴィッセル神戸在籍時の2003年2月に始まり、三浦選手ほか現役選手によって実施されてきました。横浜FCでは三浦知良選手移籍後の2006年に2回と2008年に1回実施されています。

 6月11日、横浜FCでは4回目となる学校訪問授業が行われ、今回は神奈川区にある横浜市立池上(いけうえ)小学校にカズこと三浦知良選手が訪問授業を行いました。

 授業は事前にこどもたちが夢について作文を書き、三浦選手がその作文を読んでこどもたちとその夢について語り合いました。

 こどもたちの夢は「サッカー選手」、「野球選手」、「モデル」、「お笑い芸人」など多岐にわたり、三浦選手もこどもたちの溢れるエネルギーにたじたじでした。

 三浦選手も自身の子供のころの話、ブラジルに渡ったときの話などを語り、こどもたちはとても熱心に聞き入っていました。
 話の最後には「大きい夢・小さい夢でも関係なくあきらめずに努力し、夢に向かっていくことが大事。」とこどもたちにエールを送りました。

 サイン会。


こどもたち1人1人ていねいにサインを書いていました。こどもたちもうれしそう。

 そして記念撮影。

 今回の授業はこどもたちの心に残り、この授業を思い出すたびに夢をあきらめない気持ちも思い出すのではないでしょうか。

番外
授業の裏側。

 実は多くの報道関係者が取材に訪れていました。”カズ”の注目度は今も変わらないようです。

※写真の複製・転載は固くお断りします。

 
 
                           
 
t