ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

「夏休みの応援企画!!親子で自然観察@しんよこパーク」が開催されました

夏休み自由研究のヒントがいっぱい

 

 7月27日(金)に、日産スタジアムの近くの新横浜公園で「夏休みの応援企画!!親子で自然観察@しんよこパーク」が開催されました。当日は親子89組217名が参加し、大盛況でした。

 

 15年ぶりに火星が地球に大接近となる3日前のこの日、(株)ビクセンから天体望遠鏡の貸出協力や「星のソムリエ」が、本格的な火星や星の話をしてくれました。

 この日は、台風12号の接近に伴い、正午過ぎから曇天となり星空観察には厳しい状況でしたが、はたしてどんな観察会となったのでしょうか。

 

「手作り望遠鏡ワークショップ」

 3倍ズームの望遠鏡作りでは、望遠鏡の仕組みを学び、パーツを自分で組み立て、最後に筒の部分にシールや絵を書いて飾りをつける簡単工作をしました。この望遠鏡は、月のクレータが見られ、また顕微鏡のようにしても使える優れものです。

 自分で作った望遠鏡で参加者たちは、さっそく自然観察に出かけました。

 

「自然観察」

 参加者たちは新横浜公園内を自由に回り、さまざまな生き物や植物を発見しました。ゲーム感覚で楽しめるように配られたビンゴシートには、16個の自然の宝物が描かれています。たて・よこ・ななめの4つの宝物を探し出せば、1ビンゴです。

 「ビンゴがそろったよ」「人の顔に見える石を見つけた」「トンボの形をした雲を見つけた」など参加した子どもたちが、大きな声でスタッフに駆け寄る場面もみられました。

 また、親子でじっと昆虫の様子を観察している姿も見られ、「家でもっと調べよう」と話が聞こえました。

 

「星のソムリエ」によるお話と「星空観察」

「ではみなさん。みんな流れ星って聞いたことや見たことはありますか?この流れ星の大きさってどれくらいか分かりますか」
「星のソムリエ」先生は、スライドを通して、星座や月にまつわるいろいろなお話をしながら、参加者に問いかけました。

「次の3つのうち正解と思うものに手を上げてみてください」
「1番、日産スタジアムぐらいの大きさだと思う人」
パラパラ手が上がりました。

「2番、いやいや、気球ぐらいの大きさだと思う人」
約半数が手をあげました。

「3番、サッカーボールぐらいの大きさなんじゃないかと思う人」
残りの半数が手をあげました。

「答えは、実はすべて不正解です」
「えー」という声。

「実際にどれくらいの大きさかというと、皆さん、自分の指の先を見てください。
その指の先端ぐらい、数mm~数cmくらいの大きさしかないんですよ」

知らなかったという大きな「えー」という声が、夜空いっぱいにあがり、そして、さらに続くソムリエの星のお話に参加された方々は、体を前のめりにして聞きいっていました。

 
 

 今回は、残念ながら雲がかかって火星は見られませんでしたが、金星・木星・月を観察することができました。国立天文台によると9月上旬まで、火星はひときわ明るく大きく見えるそうなので、ぜひ観察する機会を作ってみるのはいかがでしょうか。

 イベント終了後も、熱心に質問をしている親子や、「楽しかった」「今日、教えてもらったことをまとめる」「昨年は、8月終わりに作った自由研究が、今年は7月中にできるぞ」「つくった望遠鏡でいろいろな星を探す」「また今度もやってほしい」などの声があり、天体への関心が高まったように感じました。

 

 
 
                           
 
t