ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第37回横浜開港祭で「パラスポーツ体験」をレポート!

 2018年6月1日(金)・2日(土)に、みなとみらい地区で開催された「第37回横浜開港祭」で「パラスポーツ体験」が行われました。多くの来場者にパラスポーツの認知度や、障害への理解を深めてもらうことが目的です。

 このイベントは、障害者スポーツ文化センター横浜ラポールと、横浜市障がい者スポーツ指導者協議会が活動をサポートしました。

 

1日(金)【競技用車いす体験、フライングディスク体験】

 ほとんどの方は、競技用車いすに触れることが初めての経験で、親子で一緒に体験される様子が多く見られました。

 子どもたちは30秒間、大人は1分間全力で漕ぐことに挑戦!

 実際、大人が本気で漕ぐと10秒で腕がパンパンになる程のエネルギーが必要です。

 試乗体験で、実際に競技を行う選手のすごさを、体感することができたのではないでしょうか。

 「フライングディスク体験」では、ディスクを投げることが難しい小さな子どもたちも、近い距離から目標の丸いゴールにディスクを投げ入れては “できた!できた~!!” と大喜びしている姿が印象的でした。

丸いゴールの中にディスクを通過させる競技『アキュラシー』

2日(土)【競技用車いす体験、ボッチャ体験、車いすバスケットボール体験、ブラインド体験】

 『ボッチャ』は、ジャックボールと呼ばれる白い目標球に向かって赤・青それぞれ6球ずつのボールを投げ、どちらが、よりジャックボールに近づけられるかを競うスポーツです。

 子どもから大人まで、簡単なルールですぐに楽しむことができます。親子や兄弟姉妹で、白熱した試合を繰り広げたペアもたくさんいました。

 『ブラインド体験』は、アイマスクを着けて歩く体験です。暗闇の中を一人で歩くことはとても怖いと想像できますよね。

 実際に体験した方からは “すごく怖かった” “どこを歩いているのかも、真っ直ぐ歩けているのかも分からなかった” などの感想がありました。

補助伴走者の腕を、しっかり握る体験者。

 『車いすバスケットボール体験』は、車いすに座った状態でのシュート体験です。

 参加者は、頭より上にあるゴールに座ったままでシュートすることが、立ったままシュートするよりも、ずっと難しいことを実感していました。

 2日間を通し、約400名の方が『パラスポーツ体験』に参加。

 この体験を通して、パラスポーツや障害について、理解を深めるきっかけになったのではないでしょうか。

 
 
                           
 
t