ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.35:特集(2/3)

歩き方ウォーキング時は普段歩いている時よりも歩き方を意識して歩くと脂肪燃焼効果が上がり、またケガの予防にもなります。それぞれのポイントをチェックして普段から心がけて歩くようにしてみましょう。


歩き方イラスト

1姿勢
ウォーキング時は自然な姿勢(前から見て肩・骨盤の位置が水平で、横から見て耳の下に肩がある)を保ちます。頭が上から糸で吊られているような感覚で歩き、前傾姿勢にならないようにしましょう。

2
10〜15m先を見ます。

3
あごを軽く引き、まっすぐ前を向きます。

4股関節
蹴りだす際、脚の付け根をしっかり伸ばすようにします。

5
前脚が着地する際はしっかり伸ばします。

6
①かかとから着地し、②足裏全体に体重がかかるように移動。
③足の裏で地面をつかむように、かかとからつま先へ重心移動し、歩幅は広めにします。

7
力を抜き、リラックスします。

8呼吸
呼吸は自然に足の動きに合わせて「吸う吸う」「吐く吐く」のリズムで鼻から吸って口から吐くと呼吸しやすく喉も乾きにくい。

9
肘を軽く曲げ腕をコンパクトに振ります。

10
腰を高い位置に保つようにすると、足を前方に出しやすくなる。
腰を軸に骨盤を前後に動かし、腕を後ろに引く勢いで足幅を広げる。

ハマスポ.comハマスポ.comでは希望の地域からウォーキングコースを検索できたり、ウォーキングのイベント情報も検索できたりします。
あなたの条件に合ったコースやイベントを探してみてください。

特集 次ページへ

歩き方ウォーキング時は普段歩いている時よりも歩き方を意識して歩くと脂肪燃焼効果が上がり、またケガの予防にもなります。それぞれのポイントをチェックして普段から心がけて歩くようにしてみましょう。


歩き方イラスト

1姿勢
ウォーキング時は自然な姿勢(前から見て肩・骨盤の位置が水平で、横から見て耳の下に肩がある)を保ちます。頭が上から糸で吊られているような感覚で歩き、前傾姿勢にならないようにしましょう。

2
10〜15m先を見ます。

3
あごを軽く引き、まっすぐ前を向きます。

4股関節
蹴りだす際、脚の付け根をしっかり伸ばすようにします。

5
前脚が着地する際はしっかり伸ばします。

6
①かかとから着地し、②足裏全体に体重がかかるように移動。
③足の裏で地面をつかむように、かかとからつま先へ重心移動し、歩幅は広めにします。

7
力を抜き、リラックスします。

8呼吸
呼吸は自然に足の動きに合わせて「吸う吸う」「吐く吐く」のリズムで鼻から吸って口から吐くと呼吸しやすく喉も乾きにくい。

9
肘を軽く曲げ腕をコンパクトに振ります。

10
腰を高い位置に保つようにすると、足を前方に出しやすくなる。
腰を軸に骨盤を前後に動かし、腕を後ろに引く勢いで足幅を広げる。

ハマスポ.comハマスポ.comでは希望の地域からウォーキングコースを検索できたり、ウォーキングのイベント情報も検索できたりします。
あなたの条件に合ったコースやイベントを探してみてください。

特集 次ページへ

                           
 
t