ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.35:特集(1/3)

横浜を歩こう

手軽な運動として注目されている「ウォーキング」。その効果は生活習慣病(肥満・高血圧・脂質異常症・動脈硬化・糖尿病など)や骨粗しょう症などの予防、肩こりの緩和や脳の活性化、ストレスの解消(脳内物質セロトニンの分泌が活性化されるため)になるなど様々な効果が期待でき、これまで運動をしていなかった方に最も適した運動です。
普段、車や自転車などで通る道も歩くことによって違う風景に見えたり、気づかなかったお店を見つけたりするなど新しい発見をすることができます。
この特集でウォーキングをさらに知って心身の健康を手に入れましょう。

写真・文●中邨啓二(公益財団法人横浜市体育協会)

 

ウォーキングで注意したいこと

簡単にできるウォーキングといってもケガなどのトラブルを予防するためにいくつか注意したいことがあります。以下の項目に注意して気持ちよくウォーキングを楽しみましょう。

体調チェック体調チェック

運動前の体調チェックは大切です。食欲が無かったり体調がすぐれない時は無理せず休みましょう。


季節季節

季節によっても注意が必要です。夏は暑い時間を避け、体温が上がりにくい服装にし、冬は冷える時間を避け、体を冷やさないようにしましょう。


シューズシューズ

シューズはクッション性の高いものを選びます。購入時のためし履きの際は足の甲に圧迫感がなくつま先に1cmほど余裕があるものが良いでしょう。


水分補給水分補給

人間の体の約60%は水分です。
発汗により失った水分は脱水症状などを予防するためにもしっかり補給することが大切です。
水分は軽いウォーキングであれば水やお茶でも大丈夫ですが、長時間であったり汗を大量にかいたりする場合には、運動時のエネルギー代謝に必要な塩分や糖分を含むスポーツドリンクなどがお勧めです。


準備体操

筋肉は温まることでスムーズに伸び縮みし、関節可動域が広がることによって障害の予防につながります。

準備体操

特集 次ページへ

横浜を歩こう

手軽な運動として注目されている「ウォーキング」。その効果は生活習慣病(肥満・高血圧・脂質異常症・動脈硬化・糖尿病など)や骨粗しょう症などの予防、肩こりの緩和や脳の活性化、ストレスの解消(脳内物質セロトニンの分泌が活性化されるため)になるなど様々な効果が期待でき、これまで運動をしていなかった方に最も適した運動です。
普段、車や自転車などで通る道も歩くことによって違う風景に見えたり、気づかなかったお店を見つけたりするなど新しい発見をすることができます。
この特集でウォーキングをさらに知って心身の健康を手に入れましょう。

写真・文●中邨啓二(公益財団法人横浜市体育協会)

 

ウォーキングで注意したいこと

簡単にできるウォーキングといってもケガなどのトラブルを予防するためにいくつか注意したいことがあります。以下の項目に注意して気持ちよくウォーキングを楽しみましょう。

体調チェック体調チェック

運動前の体調チェックは大切です。食欲が無かったり体調がすぐれない時は無理せず休みましょう。


季節季節

季節によっても注意が必要です。夏は暑い時間を避け、体温が上がりにくい服装にし、冬は冷える時間を避け、体を冷やさないようにしましょう。


シューズシューズ

シューズはクッション性の高いものを選びます。購入時のためし履きの際は足の甲に圧迫感がなくつま先に1cmほど余裕があるものが良いでしょう。


水分補給水分補給

人間の体の約60%は水分です。
発汗により失った水分は脱水症状などを予防するためにもしっかり補給することが大切です。
水分は軽いウォーキングであれば水やお茶でも大丈夫ですが、長時間であったり汗を大量にかいたりする場合には、運動時のエネルギー代謝に必要な塩分や糖分を含むスポーツドリンクなどがお勧めです。


準備体操

筋肉は温まることでスムーズに伸び縮みし、関節可動域が広がることによって障害の予防につながります。

準備体操

特集 次ページへ

                           
 
t