ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 

SPORTSよこはまVol.5:横浜熱闘倶楽部

横浜熱闘倶楽部 その「一点」を目指して 横浜F・マリノス 大島 秀夫 選手

取材●文/中川修二(横浜市スポーツ情報センター) 協力●横浜F・マリノス

大島秀夫選手

大島 秀夫

HIDEO OSHIMA
15 FORWARDS
生年月日:1980年3月7日
出身:群馬県
身長:180cm 体重:78㎏
経歴:伊勢崎南サッカースポーツ少年団−伊勢崎第一中−前橋育英高−横浜フリューゲルス−京都パープルサンガ−モンテディオ山形

今季、自身最多となるリーグ戦30試合に出場し、日本人トップとなる14得点を挙げた大島選手。マリノスへの移籍を果たして3年目、求め続けていた「1点」を見つけたその先は…?

30試合に出場して14得点。公言されていた「2試合に1得点」をほぼ達成されましたね。

2試合毎に1点取ることは自分の中ではすごいことだと思っています。前半になかなか得点できない時期があったのですが、中断明けからコンスタントに得点できたのがよかったです。2ケタに乗せたいと願っていましたので。(シーズンの)はじめはなかなかポジションが取れなかったのですが、そんな時期であってもいろいろな部分をレベルアップしようと努めていました。

4得点に終わった昨年に比べて充実したシーズンを過ごされていますね!今年は一体どのような変化が?

コンスタントに試合に出られていることが一番大きいですね。試合に出ることでゴール前でも冷静になれる、そこで得点することが自信になり、練習でも更に深める。全てがいい方向で循環しているのだと思います。

2トップを組んだ坂田選手(今季10得点と自身2度目の2桁得点を記録)が「俺のプレーは本当に秀夫(大島選手)に頼る部分が大きい」とインタビューで答えてらっしゃるのですが、大島選手はどのように感じてらっしゃいますか?

一度タメを作って起点になることで坂田(選手)とか2列目の選手が飛び出すタイミングを作れますし、引いたところでは(マークがついて)スペースができますので、坂田のようなスピードのある選手と組むことで自分のプレイスタイルも生きてくるんだな、と思いますね。

サンフレッチェのFW,ウェズレイ選手は「ゴールこそ全て」と言い切っていらっしゃいますが、大島選手の「プレイスタイル」はどのようなものなのでしょう?

状況をどうにか打開してゴールを決めるのが「ストライカー」なのでしょうが、自分としては「ゴールを奪うプレイ」全てに関わることが大事だと考えています。もちろん勝ちに繋がる点を挙げ、スタジアムの雰囲気を一変させることができるのもFWとして魅力なのですが、個人的には僕が(相手DFを)引き付けて、周りの選手が点を決めるのも好きなプレイです。

野中信吾選手FWとして決めた14得点のうち、ヘディングでの得点がリーグトップの8得点です。この「1点」に合わせ打ち抜くプレイこそ大島選手の真骨頂だと思うのですが、いかにして感覚を培ったのでしょう?

いえ、それはもう練習や実戦で「ここに動こう」と考えて身に付けたものです。一瞬のポジショニング、そして一発で仕留めないと。というより特別ジャンプ力やダッシュ力があるわけではありませんので、その(点の)取り方しかできないんですよ。

その能力こそまさに「天性」ではないかとも思うのですが…ではその大島選手の得点感覚に近づくにはどのような練習が効果的でしょう?

ミニゲーム、つまりは「遊び」の感覚で軽く(シュートを)打ってゴールを決めた時、意外と「冷静」でいられるんですよ。(FWとして)いいトレーニングじゃないかと思います。もちろん「遊び」だからとダラダラとやるんじゃなく真剣に。その中で、失敗を恐れず大胆なことにもチャレンジして欲しいですね。

以前「日本代表」に選出されるかもしれないとの報道があった際、冷静なコメントを残されていたのを目にしたのですが、あまり興味はお持ちではない?

いや、もちろん選ばれることは栄誉なことだと思っています。ただ「入りたい入りたい」と言っても入れるものではないし、(代表に)選ばれようと思って試合に臨んでいるわけでもありませんし…自分の残した「結果」が導くものだと考えています。

今季シュート数は58本と少ないながらも、決定率はダントツの0.24です!長年の努力が結実し、探していた「1点」をついに手に入れた事を「結果」は証明していると思います。よく知る岡田監督の目前で、その「1点」を打ち抜く機会が訪れるよう、サッカーファンとして期待しています!

Present For You

大島選手のサインを3名様にプレゼントします!
ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、「SPORTSよこはま」へのご意見・ご感想を記入して下記の宛先へお送りください。(平成20年3月25日必着)
〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル1階
横浜市スポーツ情報センター「大島選手サイン」係まで


※個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

横浜熱闘倶楽部 その「一点」を目指して 横浜F・マリノス 大島 秀夫 選手

取材●文/中川修二(横浜市スポーツ情報センター) 協力●横浜F・マリノス

大島秀夫選手

大島 秀夫

HIDEO OSHIMA
15 FORWARDS
生年月日:1980年3月7日
出身:群馬県
身長:180cm 体重:78㎏
経歴:伊勢崎南サッカースポーツ少年団−伊勢崎第一中−前橋育英高−横浜フリューゲルス−京都パープルサンガ−モンテディオ山形

今季、自身最多となるリーグ戦30試合に出場し、日本人トップとなる14得点を挙げた大島選手。マリノスへの移籍を果たして3年目、求め続けていた「1点」を見つけたその先は…?

30試合に出場して14得点。公言されていた「2試合に1得点」をほぼ達成されましたね。

2試合毎に1点取ることは自分の中ではすごいことだと思っています。前半になかなか得点できない時期があったのですが、中断明けからコンスタントに得点できたのがよかったです。2ケタに乗せたいと願っていましたので。(シーズンの)はじめはなかなかポジションが取れなかったのですが、そんな時期であってもいろいろな部分をレベルアップしようと努めていました。

4得点に終わった昨年に比べて充実したシーズンを過ごされていますね!今年は一体どのような変化が?

コンスタントに試合に出られていることが一番大きいですね。試合に出ることでゴール前でも冷静になれる、そこで得点することが自信になり、練習でも更に深める。全てがいい方向で循環しているのだと思います。

2トップを組んだ坂田選手(今季10得点と自身2度目の2桁得点を記録)が「俺のプレーは本当に秀夫(大島選手)に頼る部分が大きい」とインタビューで答えてらっしゃるのですが、大島選手はどのように感じてらっしゃいますか?

一度タメを作って起点になることで坂田(選手)とか2列目の選手が飛び出すタイミングを作れますし、引いたところでは(マークがついて)スペースができますので、坂田のようなスピードのある選手と組むことで自分のプレイスタイルも生きてくるんだな、と思いますね。

サンフレッチェのFW,ウェズレイ選手は「ゴールこそ全て」と言い切っていらっしゃいますが、大島選手の「プレイスタイル」はどのようなものなのでしょう?

状況をどうにか打開してゴールを決めるのが「ストライカー」なのでしょうが、自分としては「ゴールを奪うプレイ」全てに関わることが大事だと考えています。もちろん勝ちに繋がる点を挙げ、スタジアムの雰囲気を一変させることができるのもFWとして魅力なのですが、個人的には僕が(相手DFを)引き付けて、周りの選手が点を決めるのも好きなプレイです。

野中信吾選手FWとして決めた14得点のうち、ヘディングでの得点がリーグトップの8得点です。この「1点」に合わせ打ち抜くプレイこそ大島選手の真骨頂だと思うのですが、いかにして感覚を培ったのでしょう?

いえ、それはもう練習や実戦で「ここに動こう」と考えて身に付けたものです。一瞬のポジショニング、そして一発で仕留めないと。というより特別ジャンプ力やダッシュ力があるわけではありませんので、その(点の)取り方しかできないんですよ。

その能力こそまさに「天性」ではないかとも思うのですが…ではその大島選手の得点感覚に近づくにはどのような練習が効果的でしょう?

ミニゲーム、つまりは「遊び」の感覚で軽く(シュートを)打ってゴールを決めた時、意外と「冷静」でいられるんですよ。(FWとして)いいトレーニングじゃないかと思います。もちろん「遊び」だからとダラダラとやるんじゃなく真剣に。その中で、失敗を恐れず大胆なことにもチャレンジして欲しいですね。

以前「日本代表」に選出されるかもしれないとの報道があった際、冷静なコメントを残されていたのを目にしたのですが、あまり興味はお持ちではない?

いや、もちろん選ばれることは栄誉なことだと思っています。ただ「入りたい入りたい」と言っても入れるものではないし、(代表に)選ばれようと思って試合に臨んでいるわけでもありませんし…自分の残した「結果」が導くものだと考えています。

今季シュート数は58本と少ないながらも、決定率はダントツの0.24です!長年の努力が結実し、探していた「1点」をついに手に入れた事を「結果」は証明していると思います。よく知る岡田監督の目前で、その「1点」を打ち抜く機会が訪れるよう、サッカーファンとして期待しています!

Present For You

大島選手のサインを3名様にプレゼントします!
ハガキに住所、氏名、年齢、電話番号、「SPORTSよこはま」へのご意見・ご感想を記入して下記の宛先へお送りください。(平成20年3月25日必着)
〒231-0015 横浜市中区尾上町6-81 ニッセイ横浜尾上町ビル1階
横浜市スポーツ情報センター「大島選手サイン」係まで


※個人情報の取扱いについては、こちらをご参照ください。

                           
 
t