ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

5日間連続講座で大きく成長しました!『夏季たきがしら楽校(がっこう)』(磯子区たきがしら会館)

by :たきがしら会館

夏休みもいよいよ本番となった平成26年7月28日(月)〜8月1日(金)、たきがしら会館にて【夏の連続講座 たきがしら楽校(がっこう)】が行われました。
今年度も小学生を対象に、苦手な体操や夏休みの宿題に役立つクラフト作製など充実したプログラムが展開されました。
集まった7名の子ども達は、この5日間のプログラムを通して貴重な経験をすることができました。

楽校(がっこう)初日は、7名中5名の参加でしたが、緊張感の漂う中、5日間のプログラムがスタートしました。
初日から3日間の『マット&とび箱運動』では、前転・後転・開脚とびを、きれいに行うことを目標に行いました。
3日目の最終日には発表会が行われましたが、緊張の中でもしっかりと練習の成果が出せました。

たきがしら楽校
館長と指導員(先生)のあいさつからスタート。はじめは緊張気味でしたが…

たきがしら楽校
すぐに緊張もとけ、みんなで楽しく準備運動を行いました

たきがしら楽校
マット運動から! きれいに回りましょう

たきがしら楽校
続いて跳び箱。苦手な子が多い種目です。最初は跳べなかった子も跳べるようになりました

4日目の『木の実クラフト』では、三ツ沢公園青少年野外活動センターのハルク(キャンパーネーム)の指導による木の実や木の枝等を使ったクラフト、ペンダントの作成が行われ、苦労しながらも個性あふれる作品ができ上がりました。
作品はもちろん、子供たちの真剣なまなざし、完成後の笑顔、すべてが素敵でした。

たきがしら楽校
どの材料で作ろうか選ぶところから真剣

たきがしら楽校
ハルクからグルーガン(ボンドを出す道具)の使い方を学びます

たきがしら楽校
慣れてくると自力で作品作りを進めます

たきがしら楽校
先生も夢中になってしまいました

たきがしら楽校
個性豊かな作品ができあがりました

たきがしら楽校
最後はみんなで記念撮影

最終日の5日目のプログラムは、『プロスポーツ選手から学ぶ』。
たきがしら会館を練習拠点に活動しているプロバスケットボールチーム【横浜ビー・コルセアーズ】の堀川竜一選手、白澤卓コーチによるバスケットボール教室が行われました。
現役プロ選手による直接指導に、子供たちは終始大興奮でした。

たきがしら楽校
基本のドリブル練習からスタート

たきがしら楽校
ドリブルをしながら選手と鬼ごっこ!

たきがしら楽校
イケメン・堀川選手に質問タイム

たきがしら楽校
修了証をもらって最後にみんなで記念撮影

ドリブルの速さ、シュートの魅力、ダンクシュートまで見せていただき、さらにバスケットボールの疑問も直接聞くことができ大満足の教室となりました。

そうそう機会のない、ひと夏の忘れられない貴重な経験になったのではないでしょうか。

たきがしら会館ではこれからも魅力たっぷりの教室やイベントを数多く実施します。みなさまのご参加をお待ちしております。

たきがしら会館
http://www2.yspc.or.jp/ysa/takigasira/

横浜ビー・コルセアーズ
http://b-corsairs.com/

 
 
                           
 
t