ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

平成25年度横浜熱闘倶楽部総会

by :スポーツ情報センター:sekki

横浜のプロスポーツチーム[横浜DeNAベイスターズ横浜F・マリノス横浜FC横浜ビー・コルセアーズ]を応援する「横浜熱闘倶楽部」の平成25年度事業報告と26年度の事業計画を決定する「平成25年度横浜熱闘倶楽部総会」が3月27日(木)に横浜市役所で行われました。

 林 文子 横浜熱闘倶楽部会長(横浜市長)
昨年の横浜ビー・コルセアーズのbjリーグ優勝、横浜F・マリノスの天皇杯優勝は横浜市を盛り上げていただき、多くの市民に感動を与えていただきました。また地域の皆様にもこれまで以上にご協力をいただき、各チームのファン層を拡大することができました。今年度は活動をさらに広げ、横浜のスポーツをより一層盛り上げるチャンスの年であります。横浜市民にとってチームの存在は子どもたちの目標・憧れです。その活躍が横浜の一体感と存在感を高め、(子どもたちが)将来のアスリートを目指すことにもつながります。今年も熱闘倶楽部の総力を挙げてチームをバックアップしてまいりたいと思います。

 株式会社横浜DeNAベイスターズ 池田 純 代表取締役社長
横浜熱闘倶楽部という仕組み・存在に大変感謝をしております。いろいろな地域での取り組みを含め、とても友好に連携させていただいております。中畑(清監督)体制3年目になりますが、どうにかして結果を残したいと思っております。クライマックスシリーズ進出、そして優勝を目指して、横浜の街が盛り上がるようにがんばってまいります。

 横浜マリノス株式会社 嘉悦 朗 代表取締役社長
昨年はリーグ戦で悔しい思いをしましたが、元日の天皇杯で21年ぶりの優勝を成し遂げました。今年は昨年成し遂げられなかったリーグ優勝を目指していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

 株式会社横浜フリエスポーツクラブ 藤原 兼蔵 執行役員事業統括部長
今年こそはJ1の舞台に上がるべくがんばってまいります。そして横浜の皆様に喜んでいただけるようなホームタウン活動をしていきたいと思います。また横浜FCシーガルズを通じて横浜の女子スポーツも盛り上げていきたいと思っております。

 横浜ビー・コルセアーズ 植田 哲也 球団代表
3年目を迎えるにあたって「いろいろな方に関わっていただきたい」をテーマにして、チーム総動員で様々なところに参加させていただきました。現在チーム成績は振るっておりませんが、(プレイオフ進出へ)まだまだ可能性がありますので、優勝目指して諦めることなくがんばっていきたいと思います。今後もこれまで以上の取り組みをさせていただきながら、地域や青少年の育成に貢献してまいります。

平成26年度も引き続き、横浜のプロスポーツ4チームによる市民との交流事業や貢献活動を支援していくとともに、プロスポーツを盛り上げていくための各種広報・PRを実施してまいります。

 
 
                           
 
t