ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第29期よこはまこどもマリンスクール活動報告

by :横浜市体育協会スポーツ事業課

よこはまこどもマリンスクールは、帆船日本丸や南伊豆臨海学園などの海に関する施設を活用し、日常とは異なる集団生活による船員活動体験や、海や船に関する学習、水泳・カッター(短艇)訓練を通じて心身をきたえ、やさしく、強い“はまっ子”を育てることを目的とする事業で、横浜市内在住・在学の小学4〜6年生が一年間を通して活動しています。

5月の開校式から始まり、野島青少年研修センターや日本丸、南伊豆臨海学園で宿泊訓練を行い、9月以降は桜木町にある日本丸で月1回定例会を行っています。

 
日本丸海洋教室での体操訓練(左) 南伊豆でのカヤック訓練(右)

2月16日、雪が残る中、マリンスクール2月定例会を実施しました。
今回の定例会のプログラムは数人のグループを作り、子どもたちだけで横浜の町を歩く「ウォークラリー」です。子どもたちはこま図という地図を見ながら歩き、途中にある問題や指令を解きながらゴールを目指します。

 
こま図

午前中のスタートは日本丸でゴールは大さん橋、午後のスタートは山下公園でゴールは横浜公園です。もちろん子どもたちはゴールや午後のスタート場所を知りません。ドキドキ・ワクワクしながらこま図と解答用紙を持って出発です。
雪が残っていても子どもたちは元気に歩いています。

 

道の途中ではリーダーという大学生が子どもたちのグループが通るのをチェックしているので迷子になる心配はありません。

みなとみらいや馬車道、中華街も歩きましたが子どもたちは町中を見るより問題探しに夢中です。

 

ウォークラリー途中、放送ライブラリーや横浜人形の家などの施設も見学をしました。入口ではリーダーから問題が配布されます。

リーダーからの出題もあり、グループで協力して解答しています。この場所での出題は「手旗で文字をうつ」でした。日頃の練習の成果が出ています。

子どもたちがゴールをしてきました。
最後には全体集会を行います。結果発表、マリンスクールの歌をうたい、次回の予定を確認して2月の定例会は終了しました。

 

29期のマリンスクールは3月の日本丸での海洋教室(宿泊訓練)と閉校式ですべての活動が終了となります。
マリンスクールの子どもたちは毎回様々なことに挑戦し、普段の学校生活ではできないこともたくさん経験し1年間で一回りも二回りも成長していきます。

3月より、平成26年度第30期よこはまこどもマリンスクールの募集を開始します。
横浜市内在住・在学の26年度新4年生〜6年生のみなさん、ぜひ参加してみませんか?

詳しくは横浜市体育協会・マリンスクールのページをご覧ください。
http://www2.yspc.or.jp/ysa/jigyoshokai/marine/

 
 
                           
 
t