ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

ロンドンオリンピックメダリスト 三宅諒選手・立石諒選手へ横浜市スポーツ栄誉賞を贈呈

by :スポーツ情報センター:sekki

日本代表選手団が史上最多38個のメダルを獲得して閉幕したロンドンオリンピック。その中でも横浜にゆかりのある選手を対象に、横浜市スポーツ栄誉賞が贈呈されることとなりました。

8月31日(金)、フェンシング男子 フルーレ団体で銀メダルを獲得した三宅諒選手(慶應義塾大学)と、競泳男子200m平泳ぎで銅メダルを獲得した立石諒選手(慶應義塾大学/NECGSC玉川)への横浜市スポーツ栄誉賞贈呈式が、横浜市庁舎1階市民広間で行われました。


贈呈式を前に記念撮影(前列右より、公益財団法人横浜市体育協会・山口宏会長、三宅諒選手、立石諒選手、林文子・横浜市長)

 
林市長から賞状を、山口会長から記念盾を授与される三宅選手

 
林市長から賞状を、山口会長から記念盾を授与される立石選手

 林 文子 横浜市長
今日はこのお二方へのスポーツ栄誉賞授賞式にたくさんの方にお集まりいただきありがとうございました。お二方は慶應義塾大学の出身・在学で、(キャンパスのある)横浜にゆかりがあるということで贈呈させていただきました。お二人の活躍は私が申すまでもなく、たくさんの勇気と夢を与えてくれました。これからも、そして次のオリンピックでの益々のご活躍をお祈りしています。本当におめでとうございました。

 三宅 諒 選手
今回銀メダルを取れたのは、観客の皆さんの声援や、テレビの前で夜、眠い目をこすりながら見ていてくださっている方がいるんだという気持ちを心に感じることができたからです。本日はこうした賞をいただけて本当に幸せです。ありがとうございました。

 立石 諒 選手
お忙しい中お集まりいただきありがとうございました。今回銅メダルを獲得することができたのは、恩師の先生をはじめ多くの方に支えられてのものだと思います。銅メダルが取れたことを胸にしっかり刻んで、皆さんに恩返しができるようさらに精進していきたいと思います。


花束贈呈を務めた子どもたちとの記念撮影

 
 
                           
 
t