ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第83回都市対抗野球大会優勝のJX-ENEOS野球部が横浜市庁舎で優勝報告

by :スポーツ情報センター:sekki

7月13日(金)から24日(火)まで東京ドームで開催された「第83回都市対抗野球大会」で、大会史上最多10回目の優勝に輝いた横浜市代表「JX-ENEOS野球部」が31日(火)に横浜市庁舎を訪れ、林文子・横浜市長に優勝報告を行いました。


黒獅子旗(優勝旗)を持つ宮澤健太郎主将(左)らJX-ENEOS野球部のメンバーを出迎える林文子・横浜市長(右)

 林文子・横浜市長
この度はおめでとうございます。(決勝戦を観戦して)全身を震わす喜びを感じさせていただきました。都市対抗ということで「横浜市」対「東京都」というカードには燃えました。横浜市を代表して戦い、黒獅子旗を持って帰ってきていただき本当に嬉しく思います。前人未到の10回目の優勝、そしてドラマチックな試合展開は、素晴らしい映画を見ているようでした。仕事を持ちながらスポーツに打ち込む真摯な姿勢にあらためて社会人野球の魅力を感じました。ぜひ来年も素晴らしい成績を続けていただいて、横浜市民に大きな夢と希望、喜びを与えてください。

 大久保秀昭監督
本日は優勝報告をすることができ本当に嬉しく、またほっとしております。監督としての仕事は果たせたかなと思います。4年ぶりの優勝でしたがチーム一丸となって勝ち取った優勝ですので、選手も自信になっただろうし、会社の方にも喜んでいただけたと思います。この優勝を自信にして2連覇・3連覇を目指してがんばっていきます。

 宮澤健太郎主将
(横浜市庁舎で行われた)壮行会では「横浜市代表という誇りをもって戦います」と決意を述べました。今回こうして黒獅子旗を持って帰ってこれたことを本当に嬉しく思います。試合に出た選手、陰で支えてくれたメンバー全員で勝ち取った優勝だと思います。来年は連覇ができるようにまた1年をかけていい戦いができるようにがんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 大城基志投手 ※橋戸賞(大会最優秀選手)受賞
本日はこのような会を開いていただきありがとうございました。橋戸賞という名誉ある賞をいただきましたが、これが自分ひとりの力ではなく、守ってくれている仲間、応援してくださる皆様のおかげだと思います。この結果に驕ることなく、連覇を目指していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

  
閉会式後の記念写真と胴上げの瞬間の写真を林市長へプレゼント

第83回都市対抗野球大会の戦績

1回戦 vs ジェイプロジェクト(名古屋市) 2-1
2回戦 vs セガサミー(東京都) 2-1
3回戦 vs パナソニック(門真市) 9-5
準決勝 vs NTT東日本(東京都) 4-2
決勝 vs JR東日本(東京都) 6-3

 
 
                           
 
t