ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜F・マリノス選手が「新横浜ハマロードサポーター活動」に参加

by :スポーツ情報センター・ゆめ

 2011年10月19日水曜日、横浜F・マリノス選手・クラブ職員がホームタウン活動の一環として、新横浜町内会が主催する「新横浜ハマロードサポーター活動」に参加しました。
 ハマロード・サポーターとは、地域の身近な道路を対象に、地域のボランティア団体と行政が協働して、身近な道路の美化や清掃等を行っていこうという道路の里親制度です。

あいさつ 選手からあいさつ
「みなさん協力して、清掃しましょう」          「清掃がんばります」

 この日、新横浜町内会、地域のロータリークラブ(新横浜、港北、横浜北)、YGS高等部、港北区役所、港北土木事務所、港北警察署、横浜F・マリノス、日産スタジアムのみなさん、約100名が参加し、新横浜駅からホームの日産スタジアムへ向かう道路(新横浜2丁目付近)を約1時間をかけて清掃しました。

たばこの吸殻を発見
〔たばこの吸殻を発見〕

こんなところにもゴミが・・・ 黙々とゴミを拾う 
〔黙々と清掃をする選手たち。思ったよりキレイでした。中にはこんなゴミも発見。〕


〔地域の方と協力しての清掃活動〕


〔選手達が清掃をしていると、子ども達から「がんばって」と応援の声が。手を振ってこたえます。〕


〔清掃が終わって、全員で記念撮影〕

 新横浜町内会の役員の方は「Jリーグのチームがこうして地元の活動に参加してくれるのはとても嬉しい。選手達は一生懸命やってくれた。地元チームとして応援したい。」と話していました。

 この後、横浜F・マリノス選手・クラブ職員、日産スタジアムスタッフは、小机駅付近の「ハマロード」の清掃も行いました。

 
〔港北区内の小学生が描いてくれた絵を見ながら清掃する選手〕

 
〔街の美化活動にご協力を〕

 横浜F・マリノスの選手達は
「地域の方と触れあい、応援してくれる気持ちが伝わってきた。」
「港北区だけでなく、ホームタウンすべての地域において、社会貢献をしていきたい。自分達のできるところからやっていきたい。」
「機会があれば、自分達の知らないところで支えてくれている人達のところへ行って、いろいろと知りたいと思う。」と話してくれました。

 最後に小野裕二選手は「現在4位。残り5試合で首位との勝ち点差7点。すべて勝てば優勝できる。みなさんの期待に応えられるようにがんばりたい。」と語ってくれました。

 明日10月22日土曜日は、日産スタジアムで浦和レッドダイヤモンズ戦(14時キックオフ)。絶対負けられない試合、みなさん応援しましょう。

 
 
                           
 
t