ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

横浜ビー・コルセアーズ2016-17シーズン感謝祭

 6月4日(日)に「B.LEAGUE 2016-17シーズン帰港パーティー 横浜ビー・コルセアーズ感謝祭」が、ホテルメルパルク横浜で開催されました。
会場には、300名のブースターが参加し、チームと1年間の闘いを労い、B1残留の喜びを分かち合いました。

 

 多くのブースターが待つ会場に、選手・スタッフが入場

 

 

 開会のあいさつを横浜市会  花上喜代志議員、横浜市市民局 西山雄二局長より今シーズンの選手へ労いのコメントやブースターへの感謝のコメントがありました。

 

横浜市会 花上喜代志議員

 スタッフの皆さん、ブースターの皆さんと一緒に来シーズンビーコルセアーズが、大躍進を遂げることを祈っています。

 

横浜市市民局 西山雄二局長

 本当によかった。最後の最後まで試合があり、楽しませてもらいました。来シーズンは、「優勝」を一緒に祝える事を願い、今シーズンは、選手の皆さん、ブースターの皆さんお疲れさまでした。

 

 

 チームを代表して、尺野将太ヘッドコーチが1年間のチームの状況を振り返り、ブースターへ感謝のコメントがありました。

 

尺野将太ヘッドコーチ

 Bリーグ初年度、スタッフも選手も多く入れ替わり、不安と期待が入り混じった出航となった。途中は、ケガや体調不良などで厳しい航海となった。しかし、海賊船の方向は、ブースターの皆さんにより、選手が見失わないようにコンパスや灯台となり、チームを支えてくれました。

 

 次に、キャプテン 山田謙治選手が選手を代表して、ブースターに感謝を述べ乾杯しました。

 

山田謙治選手

 残留という結果で、良いシーズンだったと思っていない。来シーズンは、チャンピオンシップに出場できるようにがんばりたい。今シーズンもありがとうございました。

 

 

 乾杯の後、フリータイムとなり、選手が会場内でブースターと記念撮影やサインをしたりと、会場は大賑わいでした。

 

 

    

 

 

 

 ステージでは、B-ROSE(ビーローズ)が舞い、Eyes’(アイズ)さんが歌い、会場を盛り上げました。

 

 シーズンを振り返る『航海日誌』トークショー

 進行は、会場MC豊嶋彬さん

 絶妙な選手へのツッコミで、会場を盛り上げていました。

 

 

 前半戦を振り返る、細谷将司選手・高島一貴選手

 

 高島選手から、「こんなに点が取れるポイントガードは他にはいない」と言われ、照れる細谷選手。また、細谷選手は、「ビーコルは、多くのファンに愛されていると感じる」と話していました。

 

 

 後半戦を振り返る、湊谷安玲久司朱選手、満田丈太郎選手

 

 

 MC豊嶋さんの愛のあるツッコミに、湊谷選手、満田選手は、恥ずかしがりながら後半戦を振り返っていました。

 

 

 入替戦を振り返る、川村卓也選手、蒲谷正之選手、竹田謙選手

 

 
川村選手は、

 歯車がなかなか合わなく苦しいシーズンだった。秋田戦では、みんなの思いを乗せたシュートが入り、B1残留につながった。そして、僕の不甲斐無いそぶりをチーム全員が払拭してくれて、チームメイトの大切さを感じた。

 

蒲谷選手

 出だしからケガから入ってしまってすみません。個人的には消化不良のシーズンだった。しかし、折れそうな心を繋ぎ止めたのはブースターでした。

 

竹田選手

 本当に苦しいシーズンになりました。B1残留とういう嬉しい反面、17位という現実をしっかりうけとめたいと思います。

 

 

 その他、 Bリーグアワード賞2016-17ベストタフショット賞に川村選手が受賞したことの報告、また、「ブースターの夢を叶えよう」や「ビーコルグッズ オークション」などのイベントが行われ、終始楽しい会になりました。

 

 また、会場には、試合を盛り上げるMCや、チームを支えるスタッフ、毎試合の広報の方々、多くのスタッフもブースターと一緒に今シーズンを振り返りました。

 

 

 

 最後は、選手・スタッフ・ビーローズが、ブースターとハイタッチをして見送りました。

 

 

 

 今季は日本一長いシーズンとなり、ブースターを最後の最後まで楽しませてくれました。

 熱気あふれる帰港パーティーで、2016-17シーズンの幕が閉じました。

 

 来シーズンの船出まで、長いようで短い期間、選手たちにはしっかりカラダを休めてもらい、戦える体制を整え、ブースターは帆を休め、共に闘う気持ちを高め、2017-18シーズンの大躍進に期待しましょう。

 

 
 
                           
 
t