ハマスポ

 
横浜市風景シルエット
 
       
 

ハマスポロゴハマスポ

横浜市風景シルエット
 
注目ワード
 
    イベントレポート

第9回全日本ジュニアテコンドー選手権大会入賞者が副市長表敬訪問

 
 平成28年9月2日(金)、JOC ジュニアオリンピックカップ第9回全日本ジュニアテコンドー選手権大会(主催:一般社団法人 全日本テコンドー協会)の入賞者が、結果報告のため柏崎誠副市長を表敬訪問をしました。

 

 

選手訪問 副市長歓迎

 

 この大会は7月31日(日)に長野県松本市総合体育館メインアリーナで開催され、小学生から高校生まで37階級(男女別)に分かれて競われた全国大会です。

 

 

 

 まずはじめに、姜 炫淳(かん ひゅんすん)炫武館館長から大会の報告がありました。

姜館長

「大会の成績は去年より少し悪かったのですが、試合内容はレベルが高いものでした。来年はさらに良い結果を目指します。そして東京オリンピックもあるので、選手が活躍してくれることを信じて指導していきます。東京オリンピックで活躍が期待される有望な選手が複数いるので、今後も応援よろしくお願いいたします」

 

 

 

 続いて柏崎 誠副市長からお祝いの挨拶がありました。

柏崎副市長

「みなさん、ようこそ横浜市役所へおいでくださいました。そして去年に引き続きご報告に来ていただいたことを感謝申し上げたいとともに、横浜市を代表して素晴らしい成績を収めたたことを心よりお祝い申し上げます。

全国大会なので、強豪が集まる厳しい大会で素晴らしい成績を収められたのは、日ごろ厳しい練習に取り組まれ、頑張った結果だと思います。また、それに加えて指導者のみなさま方や保護者のみなさま方の支援があっての結果だと思います。東京オリンピックを目指して思い切り練習をして、素晴らしい成績を収めてまた報告に来てくれることを楽しみにしています。
我々も応援しています。活躍を期待しています。本当におめでとうございます」

 

 各選手が大会の感想や、次の目標について述べました。

 

 

野坂選手
野坂 知世(のさか ともよ)選手 小学5年生女子38kg級 3位
「全日本で初めてメダルをとれて良かったです。来年はもっと練習して金メダルをりたいです」

 

 

時田選手

時田 里緒(ときた りお)選手 小学5年生女子38kg級 2位
「今回の全日本では準優勝だったけど、来年は優勝したい」

 

 

小山内選手

小山内 海斗(おさない かいと)選手 高校生男子63kg級 優勝
「日本代表という立場から試合に臨んで負けるわけにはいかなかったので、優勝できて良かった。また4年後には東京オリンピックがあるので、もっと技を練習して東京の舞台に立ちたい」

 

 

芹澤選手

芹澤 美郁(せりざわ みく)選手 中学生女子41kg級 優勝
「去年は準優勝だったのですが、今年は初めて優勝できてとてもうれしいです」

 

 

村田選手

村上 智奈(むらかみ ちな)選手 中学生女子44kg級 2位
「小学2年生からずっと優勝してきたのですが、今回準優勝だったので本当に悔しい思いをしました。来年は絶対金メダルをとって笑顔で報告に来たいです」

 

 

豊田選手

豊田 泰隆(とよだ やすたか)選手 小学4年生男子28kg級 2位
「去年は銅メダルで今回は銀メダルとレベルアップしているので、来年は金メダルをとりたいです」

 

 

芹澤選手

芹澤 美佳(せりざわ みか)選手 小学1年生女子 3位
「メダルとれて良かった」(姜館長が気持ちを代弁)

 

 

 

 懇談後に選手が迫力満点の実技を披露し、歓声が上がりました。

実技

 

 

集合写真

 今後の活躍も期待しています!

 

 

 

 
 
                           
 
t